NõDO Italian Restaurant

築165年の古民家で味わうのは、極上のイタリアン。
そして出会いから生まれる、楽しいひととき。

甲府市の南の端、昔ながらの蔵のある家が立ち並ぶ大津町の静かな住宅街の中にその店はあった。
瓦屋根の門をくぐり、飛び石の道を進むと、現れたのは築165年のどっしりと大らかな佇まいをした古民家。入り口には「NõDO 二川 伊料理店」と記された看板が、ささやかに掲げられている。
ここは店主の秋山亮平さんが、10月中旬にオープンしたイタリアンの店だ。今年の初めにこの古民家と出会い、ひと目見て「ここしかない」と惚れ込んだことが、「NõDO」の始まりだった。

もともと甲府市出身の秋山さんは高校卒業後すぐに山梨を離れて料理の勉強をし、東京や京都のイタリアンなどで経験を重ねてきた。その後、イタリアへ。
「料理はもちろんですが、イタリアの文化や日常の暮らし、町並みなどを知りたかったんです。イタリアのソウルフードである臓もつ屋で働きながら1年間暮らして、いろんなことを感じてきました。僕の作る料理の原点はそこにありますね。いろいろ作っても結局イタリアンに戻るので、これが僕のスタイルかなと思っています」
料理とともに大きく心を動かされたのがイタリアの町並みや建物、道路
など、昔から大切に使われ、継がれてきている古きものの良さだった。
「しばらく住んでいた京都もそうですが、古いものを修繕しながら大切に使う文化がしっかりとあって、歴史も踏まえて受け継いでいっている。僕がしたいのはそういうことなんだと感じました。モノも人も食も、大切に育んでいけることをしたいと思いました」

そんな想いを持って久しぶりに戻って来た地元で、自然に恵まれたこの地の良さをあらためて実感。さらにこの古民家と出会い、ここで自分の店を出そうと決意した。
しかし山梨を離れて15年以上。知り合いはほとんどなく、どこから手を付けていいかわからなかった。
そこで相談したのが、以前見かけて気になっていた諏訪の「ReBuilding Center JAPAN」(リビルディングセンタージャパン)だった。そこは古材や古道具を生き返らせ、その魅力を活かして再利用する取り組みを行っている。そこにプロデュースをお願いし、山梨で古民家を手掛ける大工さんも紹介してもらい、店づくりを始めた。
大枠は専門家に任せたものの、壁塗りやテーブル、棚づくりなど、できることは何でも自分でやった。来る日も来る日も壁を塗り続けた。そんな日々の中で出会った人たちが手伝いにきてくれて、さらに声を掛けてくれて、人の輪がどんどん広がり、いつの間にか古民家には多くの人が集まるようになった。
「ほとんど知り合いがいない中で、本当に人に恵まれ、多くの人に助けてもらって店をつくりあげることができました。人とのつながりのあたたかさ、すごさを感じました」
店名の「NõDO」はイタリア語で「つなぐ」「結び目」「絆」といった意味を持つ。つながりから完成したこの店を、秋山さんは人と人とのつながりが生まれる場にしていきたいと考えている。

店内の奥には大きなテーブルがどっしりと構えている空間がある。見知らぬ人同士でも大テーブルを囲みながら自然と会話が始まったり、大勢のグループでもみんなでテーブルを囲んでわいわいと楽しめる。秋山さんの頭の中には、そんな人とのつながりの中から生まれる和やかな食の風景が描かれている。
「食はもちろん、それにプラスして楽しみがある店にしたいですね。人との出会い、そして作家や音楽、文化との出会いも楽しめるように、店内には作家さんの作品も飾っています。来るだけでも楽しい場になればと思っています」
さらに食でこの地域とお客さんをつないでいきたいとも考えている。店をつくりながら、地域で野菜や豚を育てている農家さんと出会い、この地がはぐくんだ野菜や豚肉の味の力強さ、そして農家さんの人柄にも惹かれ、この地域の食材をおいしく料理して出したいと思った。
「この地域にはおいしいもの、いいものがたくさんあります。この地域の空気感やここで生まれるものを大切にして、次の世代につないでいきたいです」
店名の後ろにある「二川」は、この地の旧村名である二川村から付けたもの。この地への想いも、それだけ深い。

この古民家に出会ってから10カ月余り。手探りで一歩ずつ進みながら、オープンへとたどり着いた。店への愛着はひとしおだが、こういう店にしたいというかっちりとした画は描いていないという。
「この店のスタイルを僕が決めたくないんです。ここに集うお客さんがつくっていく店になればいいなと思っています」
これからどんな人々が集まり、どんなつながりが生まれ、そこからどんな楽しみがつくり出されていくのか。それを楽しみにしながら、秋山さんは今日も厨房で腕を振るっている。

SHOP DATA

〒400-0055 甲府市大津1364
TEL/FAX:055-269-7736
定休日:月曜日・日曜日夜(不定休)
営業時間:11:30〜14:00(13:30 L.O)/18:00〜21:00(20:00 L.O)
Facebook:nodo1364
Instagram:@nodo1364

More Stories
晴耕雨読 Vol.18 – 2014.Spring and Summer