THE SOIL by Yard Works

植物に彩られたスロープを進むと、そこはまるで別世界。
ゆったりと心地いい時間が流れていた。

緩やかなスロープをゆっくり進む。歩みを進めるたびに、折り返すたびに、少しずつ目線が変わり、目に映る景色が変化していく。
直線で進めばわずか3、4歩程度の距離なのに、いろんな表情をした植物たちに囲まれたスロープを進んで行くと、異国の地を訪れたような、森の中をのんびりと歩いているような、そんなワクワクした気分になってくる。

笛吹市春日居町に今年8月にオープンした『THE SOIL』は、植物を主体にした空間設計を手掛けるYard Worksのコンセプトショップ。Yard Works代表の天野慶さんが提案するライフスタイルがここにある。

「『THE SOIL』は土壌という意味です。植物のある空間づくりや植物を楽しむ暮らしを伝えていきたい、そんな土壌を育てていきたいと思っています。ここはそんな想いを発信する場、僕の世界観をダイレクトに知ってもらえるところです」
すごく広い敷地というわけではなく、前には車が行きかう道路も走り、道と敷地を隔てる壁があるわけではないのに、植物に彩られたその空間は、まるでゆったりと時間が流れている別世界のように感じられる。

スロープの先にも大小さまざまな木々が植えられ、居心地のよさそうなテーブルと椅子も置かれている。その中で独特の存在感のある水鉢が目を引く。
「どうしても大きな水鉢がほしくて、鉄工所に頼んで作ってもらったんです」
四角い形の鉄製なのにどこか柔らかさを感じさせる大きな水鉢は、錆び始めてきてなんともいい雰囲気。しっかりと主張しているのに、しっくりとそこにはまっている。
「モノも空間も気持ちいい形っていうのが絶対あるんです。角度だったり、高さだったり。気持ちよさというのが僕が空間をつくる時のポイントです」
確かにここにいるだけで、その水鉢を見ているだけで、落ち着くような、癒されるような心地よさを感じる。
その気持ちよさは天野さんならではの感覚から生み出されるものかと思っていたが、天野さんには気持ちいい空間をつくりだす独自の方程式があるという。

「僕の空間デザインは理論、理屈で成り立っています。例えばここだとスロープの高さや植栽の位置、ドアの小さな窓から見える景色も、すべて計算してつくっています。植えている植物も時間や季節による表情の変化はもちろん、数年後に別の顔になるおもしろさまで考えて植えています。僕の現場では単にかっこいいからこうしたというのはなくて、すべて考えてつくり込んでいます」
天野さんが手掛ける空間はまた、そこの核になるだろう建物が主張していない。『THE SOIL』の建物も、木と亜鉛トタンでできた極シンプルなものだ。
「デザインや素材は極力少なくして、植栽で色合いや表情、動きを出します。植物を軸にした空間づくりには、そんなおもしろさがあります」

『THE SOIL』はオープン前も現在もSNSでの発信はしているものの、大きな宣伝はしていない。でも全国各地からさまざまな人が訪れる。
オープニングのパーティーでは天野さんと交流のある人はもちろん、会ったことはなくてもYard Worksが手掛ける空間に惹かれている人、SNSで『THE SOIL』そのものに興味を抱いた人など、いろんな人が集まった。
「本当に多くの人が来てくれて、遠くは宮崎や福岡の人もいました。やるからには全国、さらに海外からもここを目指して来てもらえるようなところにしたいと思っているのでうれしいです。こんなローカルなところに、とんでもなくお洒落な人たちやおもしろい人たちが集まってくるのっていいですよね」
パーティーではアーティストの神山隆二さんがライブパフォーマンスを披露する一幕も。またショップの壁には独特な世界観を持つ作品で人気を集めている刺繍作家 ma.macaronさんが手掛けたタペストリーや、染織作家の古屋絵菜さんの作品もさりげなく飾られている。
ショップも植物はもちろん、ガーデニングやインテリアグッズ、Tシャツやグローブなどのオリジナルグッズ、紐と紐を結んで編み上げるマクラメ編みのオリジナルブランド「ヤメアミ」のタペストリーなど、お洒落なものがあふれている。そんな素敵な人が集まり、魅力あるものに出会えるのが『THE SOIL』なのだ。
でもここで天野さんが何よりも伝えたいのはやっぱり、植物のある空間を楽しむということ。
「ここに来たら、庭でゆっくりとくつろいでほしいですね。時間や四季によって違う表情が楽しめる庭なので、ぜひ時間を変えて、季節を変えて、何度も来てください」

取材の最後に「ここからまた一歩です」といい笑顔で言っていた天野さん。『THE SOIL』は天野さんにとって、さらなる一歩に向けてしっかりと根を下ろした、まさに土壌なのだろう。

SHOP DATA

〒406-0015 笛吹市春日居町鎮目39-3
TEL:0553-34-8720 / FAX:0553-34-8721
定休日:月曜日
営業時間:11:00〜18:00
yardworks-web.com
Instagram:@the_soil_by_yw

Zeen is a next generation WordPress theme. It’s powerful, beautifully designed and comes with everything you need to engage your visitors and increase conversions.

More Stories
evam eva yamanashi